賠償・免責事項

トップ > 賠償・免責事項

賠償制度について

第1条 事故原因所在

クリーニングの事故原因所在を衣かの3つに大別します。
(ア)クリーニング方法及び取扱い方法に過失がある場合。
(イ)製造者(メーカー)の企画・製造等に過失がある場合。
(ウ)使用者の使用方法及び保管方法に過失がある場合。

第2条 賠償範囲

弊社が事故賠償の責に応じられるのは次に示す前項(ア)の内容です。
a.クリーニング洗浄による損傷
b.プレス仕上げによる損傷
c.不明、及び紛失
d.その他原因不明の損傷においては、専門機関の鑑定による判断に基づくものとします。

第3条 賠償対象外

次に示す第1条(イ)(ウ)の原因の所在に関しましては賠償の責に応じかねます。
(イ)製造者(メーカー)の企画・製造等に過失がある場合。
a.経年劣化及び変化の著しい素材で企画・製造された商品。(ポリウレタン加工等)
b.染色堅牢度の弱い素材で企画・製造された商品。
c.接着方法に問題のある素材、接着剤で組み合わされ企画・製造された商品。
d.熱セット性が弱い生地で企画・製造された商品(プリーツ加工やしわ加工)
e.クリーニング方法が全く異なる素材で組み合わされ企画・製造された商品。
f.組成表示や洗濯表示に誤記が見受けられる商品。
g.表示責任者の名称と連絡先の表示がない商品。
h.通常の使用に耐えない素材で企画・製造された商品。
i.通常のクリーニングに耐えない素材で企画・製造された商品。
  (洗濯表示が全て不可表記商品・スパンコール・刺繍・ビーズ・プリント剥離・
  装飾品の破損・ボタン等の欠落及び破損を含む)
j.縫製撚糸の弱い商品によるほつれやほころび。
k.その他の企画・製造等に起因する事項。

(ウ)使用者の使用方法及び保管方法等に過失がある場合。
a.化学薬品等による変褪色や脱色が見受けられる商品(整髪剤・パーマ液・洗剤・
  漂白剤・バッテリー液・排気ガス等の付着によるもの)
b.褪せや日光・照明による変褪色や脱色。
c.着用時に発生した破れ・ほつれ・糸引き等。
d.ボタンの欠落及び破損。
e.使用者保管中の損傷。
f.経年劣化及び変色によるもの。
g.組成表示・洗濯表示・表示責任者(メーカータグ)のいずれかが欠落した商品。
h.その他これらに類する使用者による事故。

第4条 賠償条件

第2条に基づく賠償条件としては以下の通りです。
a.当該商品お渡し予定日より30日以内に番号札(タック)付き商品に事故が判明し
  お申し出いただいた場合。
  又は、弊社が事故扱いと認めた場合に限ります。
b.補償時必要となります商品購入価格については、購入時の領収書・レシートを
  必要とします。
  それ等が紛失又は商品の確認が取れない場合につきましては、
  商品製造年月日を基準としたメーカー調査を行い、当時の参考価格をもとに
  購入価格を決定させていただきます。
  メーカーと連絡が取れない、又は商品の確認が取れない場合につきましては、
  協議の上決定させていただきます。
c.時価を超えての補償、商品への付加価値については応じられません。
d.当該損害弁償品の返却及び保管・クリーニング代の返却は原則致しかねます。
e.購入価格1点10万円を超える商品のご依頼時、エクセルコースのご指定がなかった
  場合の補償は、商品購入価格を最高10万円として算出させていただきます。

第5条 賠償制度

品質保証につきましては、お渡し日より30日以内にそのままの状態で番号札(タック)を付けたまま弊社までご連絡ください。(番号札がない場合は受付できかねますのでご了承ください)
また、番号札(タック)取り外し後や取扱いの不正が見受けられた場合のお問い合せはお受けできません。
尚、その他ハンガーや包装資材等に付いている補助タックにはこれらの効力はございません。
万一弊社に過失があった場合には、標準営業約款のクリーニング賠償基準に基づいて補償させていただきます。
責任者判断を行うために、縫製製品における専門機関の鑑定を利用した場合、責任の所在が使用者、もしくはメーカー(製造者)等と判明した場合、その過失割合に応じた鑑定料を実費ご請求させていただきます。

第6条 約款内容の変更

本約款は事前に通知なく内容・名称を変更することがございます。
約款内容変更にあたり、お客様に広く周知する努力をするものとします。

第7条 協議事項

本約款に記載なき事項、及び本約款の条項の解釈につき疑義を生じた事項については、お客様と弊社担当者において相互信頼の精神に基づき協議の上、穏やかに解決を計るものとさせていただきますが、二者間において問題解決が難しいと判断させていただいた場合、中立公正な第三者機関にお客様に仲裁申し出をお願いする場合がございます。